ヒゲ脱毛完了までに長い期間がかかる理由

ヒゲに限らず、人間の体毛は毛穴すべてから1度に(同時に)生えてきているわけではありません。植物が土の中に種としてあり、芽が出てきたばかりのものもあれば、成長期にあるものや老いて枯れるものなど、様々な状態にあるのと同様、人間の体毛も様々な状態にあります。

今生えているヒゲは全体の20%程度

実際、ヒゲとして生えている毛は、おおよそすべての毛穴のうち20%程度と言われています。

まだ生えてきていない毛は、レーザーを使おうと光脱毛機器を使おうと、処理することは不可能です。そのため、1回の脱毛で処理できるのは、多くても全体の20%ということになります。どの施術院でどのような処理方法を使ったとしても、1回ですべてのヒゲを脱毛することは不可能ということになります。

単純計算で最低でも5回はかかる

1回で脱毛できるのが今生えている20%のヒゲということになると、単純計算ですべてを脱毛するには最低でも5回の施術が必要ということになります。

植物でいう芽の状態のもの、芽が出たばかりのものなどが成長して、レーザーなどで処理できるまで生えてから、やっと処理が可能になります。

さらに、この5回だけで完全にすべてのヒゲがなくなることはありません。どのヒゲもすべて残さず毛根まで処理しきれることはないからです。そのため、何度か繰り返して、取り残しを減らす必要があります。

レーザー脱毛と光脱毛でも期間は異なる

レーザー脱毛では、5回から6回程度の照射でかなりのヒゲが減ります。このくらいの回数で満足できるほどにはツルツルになる方もいます。

光脱毛の場合は、10回くらいの照射でレーザー5回程度の効果と言われています。そのため、完全にツルツルになるまで20回くらいが目安と言われています。

美容電気脱毛(ニードル脱毛)の場合には、1本ずつ毛穴に器具を入れて処理するので、一般的に男性のヒゲが2万本から3万本と言われているので、それなりに時間がかかると考えていいでしょう。おおよその目安ですが、ツルツルになったと満足できるまでにおおよそ20時間から40時間ほどの施術時間がかかります。

ヒゲといっても、顔全体の様々な箇所に生えていきます。個人差で違いますので、脱毛してもしつこく生えてくるヒゲの脱毛の完了まで回数がかかることがあります。

特に鼻下と口下のヒゲは脱毛処理が難しいヒゲで、回数をかけて処理する必要があります。毛の生え変わりは1ヶ月~3ヶ月周期です。そのため、最初は1ヶ月から2か月おき、かなり脱毛できたら3ヶ月程度の間隔で脱毛処理をします。5回から6回施術するのに1年ほどかかる場合もあります。レーザーは早い人で9ヶ月ほど、光脱毛では1年程度を目安と考えると良いでしょう。