ヒゲ脱毛が完了するまでに何回通えばいいのか?完了までにかかる脱毛回数は?

ヒゲ脱毛に関する疑問として、完了するまでにいったい何回クリニックに通ったらいいのか?というものがあります。

これは至極当然の疑問ですが、実際にはクリニック側から明確な回答の得にくい質問でもあります。様々なクリニックや脱毛サロンの公式ホームページでのQ&Aやよくある質問を見ても、あまり明確な回答は見受けられません。ヒゲ脱毛の通院回数の目安をザックリと表示しているクリニックはあっても「これだけ」と言い切っているところはあまり多くないというのが現状です。

回数は個人差があるもの

最もよくある回答が「個人差」があるというものです。逃げの言葉のように感じてしまう、都合のいい言葉ではありますが、実際に「個人差」というのはかなりあると言われており、たとえば毛の量や密度、希望する部位、痛みに対する許容度、希望する最終状態の違いなど、変動する要素が多すぎて、決定的な回答を出しにくいという面があります。

また、密度の濃い部分の脱毛処理は、レーザー治療でもパワーを上げられないため、回数が必要です。痛みに関することは、まさに人それぞれで、痛みに強い人と弱い人では施術内容が違ってきます。ヒゲを完全になくしたいのか、それとも目立たなくする程度でいいのか、など目指すところは施術を受ける人によって様々だと言うことです。

それでも、いくつかのクリニックではおおよその回数を表示しています。

各クリニックが提示する目安の回数

薄くなるまでの回数

横浜中央クリニックや青山セレスクリニックでは、ヒゲが薄くなって目立たなくなるまでに、およそ6回としています。この回数でヒゲが減ったと実感できるとしています。赤坂ビューティクリニックでは、半分くらいのヒゲをなくすには、おおよそ5回としています。コスメメディカルクリニックでは、9回でかなり薄くなって、人によってはヒゲがまったく生えない状態になると、表明しています。マグノリア皮膚科クリニックでは、5回目でかなりすっきりしますと回答しています。

まとめるとだいたい目安ではありますが5~9回になります。

ツルツルになるまでの回数

ヒゲを完全になくしてツルツルの状態になるまでの回数についても、多くのクリニックは完了までの通院回数を明示していません。

それでも、たとえば船橋中央クリニックや青山セレスクリニックでは、10回から15回で完全に脱毛できるとしています。なくなった、もしくはかなりなくなったと満足感が得られると語っています。湘南美容外科クリニックでは、男性のヒゲ脱毛では、完全になくなるまでに12回から15回程度としており、多い人で20回以上と表示しています。共立美容外科では、鼻の下と顎先は回数がかかり、およそ10回程度で80%から90%くらいなくなると考えて欲しいと記載しています。他の脱毛サロンも、完全にヒゲ脱毛するには、およそ20回程度は通院が必要としています。

ツルツルの場合に関しては10~20回程度と幅が広く、人によっては20回以上かかる場合もあるのが一つの目安となりそうです。