ヒゲ脱毛を途中解約する場合の注意点

ヒゲ脱毛をするためにクリニックやサロンで脱毛の契約をしたものの後になって止めたくなるという可能性も人によってはあると思います。もちろんそのようなことがないように事前によく考えること、カウンセリングで気になることを聞いておくことは重要です。

しかし、施術が始まってから自分には向いていない方法だと感じたり、痛みが気になって通院がきつく感じられたりという人がいることはネットの口コミ情報でも数多く寄せられています。

ヒゲ脱毛の料金体系について

ヒゲ脱毛は1回ごとに料金が発生する形での施術はまれで、基本的には最初のお試しコースなどがあって、そこから契約をしていくことが一般的です。

ヒゲ脱毛は、少なくとも1年以上通院して施術が完了するので、そういった面を考慮して年間契約したり、3年や5年などの一定の期間を設けて回数無制限の契約を結んだりして通院していきます。当然契約解除できないなどということはありませんが、この契約を結んでから途中解約する場合はいくつか注意点があります。

解約時の注意点

まず、脱毛契約を解約したときに支払ったお金を返してもらえるのかという問題です。

ヒゲ脱毛では、それぞれのクリニックやサロンが独自に料金設定しています。ほとんどの場合で、部位ごとの定額の料金を定めています。料金は契約したときに一括で支払うか、もしくは毎月の定額払いを選択できるようになっています。また、一定の入会金を支払って施術1回ごとに料金を支払うという方法を採っているところもあります。

定額の月払いをしているクリニックやサロンとしてゴリラクリニック、Rinxなどがあります。湘南美容外科は1回ごとの支払いになっています。一括払いでも月払いでも、途中解約しても支払った施術料金は返金されないので注意しましょう。施術していない分の費用は企業の規定にそって返金されます。

また、ヒゲ脱毛の契約をしたのはいいですが、都合でクリニックに通えなくなることもあります。

この場合には、契約から8日以内であればクーリングオフが可能です。クーリングオフとは、1回した契約を一定期間内であれば解除できるという仕組みです。

ヒゲ脱毛契約の場合には、8日以内と定められています。この期間内であれば、施術を受けていても無条件に契約解除して返金してもらえます。事情があってやむを得ない場合には利用するといいでしょう。ヒゲ脱毛の契約解除は、どのクリニックでも止めたくなったときに解除できるようになっています。

施術に効果が感じられない場合、施術後の肌トラブルなどで違和感がある場合などには、いつでも途中解約できます。クリニックやサロンでは、解約手数料が発生すること、期間や料金によってはクリーニングオフが可能になる条件に違いがあるので注意しましょう。解約手数料が発生するかどうかはパンフレットや公式のホームページに記載があるので確認してみてください。